鏡面加工用語集

鏡面加工ドットコムのサービスをより深く理解していただくために、鏡面バレル研磨から各種表面処理技術に至るまで、関連する重要用語を分かりやすく解説した用語集をご用意しました。

このページを通じて、鏡面加工ドットコムの技術力と多様なサービスの詳細をご確認いただけます。品質へのこだわり、細部に対する緻密な加工技術、そしてお客様のニーズに対する柔軟な対応力を、ここからご覧ください。

用語一覧

振動バレル研磨

振動バレル研磨とは、研磨槽(バレル)が細かく振動することで、工作物と研磨メディアが相互に摩擦運動を行い、表面を研磨する方法です。このプロセスは、高い効率と均一な仕上がりを実現するため、広範な用途に利用されています。

サンドブラスト

サンドブラストとは、圧縮空気と砥粒を混合して工作物に高速で吹き付けることで、表面の研磨や加工を行う方法です。このプロセスにより、表面の汚れや錆、古い塗装を除去し、均一で滑らかな仕上がりを実現します。

電解バレル研磨

電解バレル研磨とは、電極と電解液を使用して金属表面を研磨するプロセスで、極微細な凹凸を溶解し、平滑化・鏡面化する方法です。この技術は、高い精度と美しい仕上がりを実現するために、多くの産業で利用されています。

電解バレル研磨のプロセス

準備:

電解液の選定: 加工する金属に適した電解液を選びます。一般的には、酸性またはアルカリ性の電解液が使用されます。
電極の配置: 被加工物(ワーク)と対応する陰極をバレル内に配置します。

電解研磨の実行:

電流の供給: バレル内に電流を供給し、電解液を通じて電気分解を行います。これにより、金属表面の微細な凹凸が溶解します。
バレルの回転または振動: バレルを回転させるか振動させることで、電解液と研磨材が均一にワークと接触し、効果的な研磨を行います。

仕上げと洗浄:

研磨の終了: 所定の時間が経過したら電流を停止し、バレル内からワークを取り出します。
洗浄: ワークを電解液から取り出し、洗浄して残留物を取り除きます。

平滑仕上げ

平滑仕上げとは、製品の表面を滑らかにするための仕上げプロセスです。このプロセスにより、表面の凹凸や微細な傷を取り除き、均一で滑らかな仕上がりを実現します。平滑仕上げは、美観の向上だけでなく、機能性の向上にも寄与します。

バレル研磨:

振動バレル研磨: 振動するバレル内で製品と研磨材を混ぜ合わせて、表面を均一に滑らかに仕上げる方法。

回転バレル研磨: バレル内で回転させることで、製品と研磨材が接触し、表面を平滑に仕上げる方法。

平滑仕上げの利点
美観の向上: 表面の凹凸や傷を除去することで、製品の見た目が美しくなります。
機能性の向上: 滑らかな表面は、摩擦を減らし、部品の動作効率を向上させます。
清掃性の向上: 滑らかな表面は、汚れやバクテリアの付着を防ぎやすく、清掃が容易になります。
耐腐食性の向上: 平滑な表面は、腐食の原因となる微小なクラックや隙間を減少させます。

スケール取り

スケール取りとは、熱処理や化学処理によって金属表面に生じた焼け色(スケール)を除去するプロセスです。このプロセスは、製品の美観を向上させるだけでなく、表面の品質や性能を高めるためにも重要です。

スケール取りは、金属表面の焼け色を取り除き、美観と性能を高めるための重要なプロセスです。鏡面加工ドットコムでは、最適なスケール取り技術を提供し、様々な製品に対応しています。お客様のニーズに応じた最適なスケール取りソリューションを提案いたします。

加工材質

鉄(Iron):

特徴: 強度と耐久性に優れた基本的な工業材料。
用途: 建設機械、車両部品、工具など。
バレル研磨の利点: 鏡面仕上げにより、耐腐食性と美観が向上。

ステンレス(Stainless Steel):

特徴: 耐食性が高く、清潔さが求められる用途に適している。
用途: キッチン用品、医療機器、食品加工機械。
バレル研磨の利点: 表面の滑らかさと光沢を高め、細菌の付着を防ぎやすくする。

アルミニウム(Aluminum):

特徴: 軽量で加工しやすく、優れた耐食性を持つ。
用途: 航空宇宙部品、自動車部品、電子機器のケース。
バレル研磨の利点: 表面の傷や酸化膜を除去し、美しい光沢を与える。

銅(Copper):

特徴: 優れた導電性と熱伝導性を持つ。
用途: 電気部品、配管材料、装飾品。
バレル研磨の利点: 表面を均一にし、腐食を防ぐ保護膜を形成。

チタン(Titanium):

特徴: 高強度・軽量で、耐食性に優れる。
用途: 医療用インプラント、航空宇宙部品、スポーツ用品。
バレル研磨の利点: 高度な表面仕上げを行い、生体適合性を向上。

真鍮(Brass):

特徴: 加工性が良く、装飾性が高い。
用途: 楽器、バルブ、フィッティング。
バレル研磨の利点: 鏡面仕上げにより、装飾的な美しさを増す。

プラスチック(Plastic):

特徴: 軽量で加工しやすい。
用途: 家電製品、玩具、パッケージング。
バレル研磨の利点: 表面を滑らかにし、光沢を与えることで見た目と手触りを向上。

遠心バレル研磨

小型の研磨槽が高速回転を行い、研磨力が強く、短時間で重切削から精密仕上げまで行える方法。

回転バレル研磨

研磨槽を一定方向に回転させ、槽内で研磨石(メディア)と工作物の摩擦運動により研磨する方法。中程度の大きさの研磨に適しています。

アクリル素材のバレル研磨

アクリル素材に対しても適用可能なバレル研磨プロセス。

極薄形状のワークのバレル研磨

極薄の材料でも変形せずに研磨が可能な技術。

ワンウォッシュ加工

バレル研磨を一度施し事で、使い馴染みのある風合いで仕上げる加工方法。マットな質感など、多様な表情を実現可能。

グレア加工

東商技研工業オリジナルの加工技術で、金属表面に独特なギラツキのある模様や質感を表面に施す加工。

面粗度向上

表面の微細な凹凸を改善し、指定された面粗度を達成するための研磨プロセス。

光沢加工

バレル研磨で光沢仕上げを行うプロセス。

スケール除去

熱処理や化学処理によって生じる表面の焼け色(スケール)を取り除くプロセス。

面取り/R付け

製品のエッジやコーナーを滑らかにする加工で、精密な寸法でのR付けが可能。

バリ取り

製品の加工過程で生じるバリ(微細な突起)を取り除くプロセス。

大ロット・量産対応

東商技研工業は大量生産に対応したサービスを提供しており、大ロットの加工も可能です。

品質保証

製品が所定の品質基準を満たしていることを保証するプロセス。

ワークピース

加工される材料や部品。

トレランス

加工寸法が許容される最大の誤差範囲。

仕上げ

製品の最終的な外観や質感を決定するプロセス。

精度

加工の正確さや寸法の一貫性を指す。

研磨剤

表面を削るために使用される硬質の物質。

耐食性

材料が腐食や錆に対してどれだけ抵抗力を持つかの度合い。

表面粗さ

材料表面の微細な凹凸の程度を表す指標。

バレル研磨

ワーク(対象物)を回転槽(バレル)に入れ、研磨剤とともに回転させることで行う研磨方法。

鏡面研磨

表面を鏡のように滑らかで光沢のある状態にする研磨プロセス。